うちの猫2匹の味の好みをまとめてみた | 猫のいる暮らし

猫の好み

うちの猫2匹は、兄妹だが性格は対照的で、食べ物の好みも微妙に違う。

そこで、好きなものランキングにまとめて、好みの違いをあらたまって分析してみた。

うちの猫

うちでは、黒白の靴下猫のポーロ♂とキジ白のロメちゃんの兄弟ネコ(推定2歳)を飼っている。靴下が先住で、キジ白が2匹目。

体重は、どちらも5kg弱で、先住猫の方が150gほど重く、体長もやや長い。

ポーロは、おとなしくて優等生な性格なのだが、食に対してだけは、ものすごく貪欲でカリカリのかすかな音を聴き逃さないきり丸バリの聴覚を発揮する。何でも食べるし、一度も一粒もご飯を残したことがない、ボリューム重視のタイプ。

ロメちゃんは、まだわからない部分が多いが、どうやらグルメっぽい。ポーロよりも好きなものとそうでないものでのギャップがある。カリカリもサーモンは好きだけど、メタボ用のターキーはいまいちなご様子。ご飯も一回では食べずにダラダラ食いをするタイプ。

ダラダラ食いについては、こちらの記事にまとめているのでよければ。

検証-ネコのダラダラ食い対策 | ネコのいる暮らし

それぞれの好きなエサ・ランキング

好きな食べ物ランキング1

ポーロは、圧倒的にカツオ節がトップ。お好み焼きや冷奴にカツオ節を盛り付けていると別の部屋にいても匂いを嗅ぎつけてくるほど、カツオ節を愛している。爆睡している時に、カツオ節を鼻先に持っていくと一瞬で覚醒し、指をベロベロになるまで舐め続ける。

次に、ちゅ〜るやミルクなどの匂いが強いものが好み。これらには負けるが、カリカリもかなり好き。というか、食べ物が好きという感じ。

猫草についても、あるなら全然食べるという感じ。食べ物ならとりあえず全部食べますというスタンスは一貫しているが、猫草はあまりボリューム感を感じないからか、他のエサほどの反応は示さない。

うちに来てから、今まで一度も一粒たりともご飯を残したことがない。

好きな食べ物ランキング2

ロメちゃんは、猫草がもっとも良い食い付きを示す。その次に、乳製品が大好きで、この2つは食に貪欲なポーロよりも早く敏感に反応する。ちゅ〜るもけっこう好き。

カリカリは、普通。そこそこ、お腹が空いているときは嬉しそうに食べている。そして、カツオ節は、なんでなのかわからないが、あまり興味を示さない。

好みが分かれる食べ物

カツオ節

チャオ (CIAO) 食塩無添加 高齢猫用柔らかふわふわかつお節 40g

チャオ (CIAO) 食塩無添加 高齢猫用柔らかふわふわかつお節 40g

上述のように、ポーロは♂はかつお節LOVE。料理(人間の)にかつお節を使っていると、周りでそわそわしている。

爆睡してるときでも、鼻にかつお節を持っていくと、一瞬で覚醒して指をベロベロにしてくる。

一方で、ロメちゃん♀はカツオ節に関しては、匂いを嗅いでもあまり反応を示さない。ちゅ〜るとかはふつうに食べるのに、かつお節は興味を示さないという謎。かつお節を好きじゃない猫もいるんだな〜と。

*かつおぶしは、ミネラル分が多く、あまり日常的に多い量を猫にはあげない方が良いらしい。うちでは、料理のときに皿の端に落ちた一欠片くらいしかあげていない。

猫草(燕麦の若芽)

無印良品 猫草栽培セット 2個入り

猫の健康増進と日常の変化・刺激、ポーロの太らないおやつなどの目的で猫草を育てて、食べたら良いなくらいで試しにあげてみた。

そうしたら、意外なことに、あんまり食に執着がないと思っていたロメちゃんが、尋常じゃない食い付きを示した。そのまま置いたら、このまま無限に食べ続けるのかぐらいの勢い。

触感なのか、味なのかはよく分からないが、動物性の物よりもお好みのご様子。

一方のポーロは、猫草の存在を確認したら食べには来るくらいなので、他の食べ物に比べれば反応としてはそこまで強くはなかった。

どちらも好きな食べ物

乳製品

 

キャティーマン (CattyMan) ねこちゃんの国産牛乳 全猫種用 200ml×24個入り 【ケース販売】

カフェオレを飲むときに牛乳を入れたときやアイスクリームを食べているときなど、乳製品は品目を問わず、どちらも匂いを察知して我先にと近づいてきて要求してくる。

その中でも、バニラアイス(スーパーカップのバニラ)を食べているときはなりふり構わず、食べようとしてくる(あげないけど)。

ちゅ〜る

チャオ (CIAO) 猫用おやつ ちゅ~る シーフードバラエティ 14g×20本入

チャオ (CIAO) 猫用おやつ ちゅ~る シーフードバラエティ 14g×20本入

さすがは、定番であり、鉄板である「ちゅ〜る」といったとことろ。例に漏れず、うちの2匹も大好きで勢い余って指をベロベロにしてくる。

ただ、体重管理の観点で、うちはあまりおやつはあげていないし、普段のエサを食べなくなるのも困るので、ちゅ〜るもたまにしかあげない。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です