夏のぬるくなった水道水をシャワーに活用する |ほぼ効果はないけどやっちゃう環境行動

shower

夏の暑い日になると、温度上昇と強い日差しで水道管が加熱されることで、中の水道水の温度も上昇し、蛇口をひねって水を出したときにぬるい水が出てくる。

普通に手を洗うときにぬるめの水が出てくるのはあまり気分が良くないが、シャワーだったらちょうど良いのではないか?ということで、猛暑の日の昼以降にシャワーを浴びるときはガスをつけずに出てくる水をそのまま使っている。

水のぬるさを逆手にとって、シャワーに活用

シャワー

そんな水道水のぬるさを逆手にとって、シャワーに活用するようにしている。というのも、僕はクーラーが苦手なので、あまりつけないようにしている。そのこともあって、夏は日中に1,2回はシャワーを浴びることが多い。

夏場のシャワーはガスをつけて、36〜38度だとちょっと熱い、かといっていきなり冷たい水というのも厳しいが、水道水のぬるさが最初に体を流すには丁度良かったりする。

その後、徐々に水温が下がって冷たくなっていくが、夏にシャワーを浴びるときは体が熱っぽくなっているのとぬるい水から徐々に慣らされているので、そこまで冷たいという感覚はなく水を浴びることができる。

家によって日の当たり方や水道管の位置が違うので差はあると思うが、うちの場合はだいたい32~33度で日差しがある日だと、水道水がぬるくなり、そのぬるさをなんかもったいない感じがするのでそのままシャワーで浴びるようにしている。

似たようなしょうもない観点で、夏場にグラスについた水滴で顔を拭くという記事もあるので、興味のある奇特な方は良かったら、どうぞ。

グラスの水滴 グラスの水滴を見ると拭きたくなり、その水分で顔を拭くという行動について考える

 

ガス代で換算すると

シャワーの設定温度を給湯温度の下限の38℃だとすると、シャワー1分あたりのガス代が都市ガス、プロパンでそれぞれ以下のような金額になる。

1回のシャワー時間は、日中で汗を流すためなので短めで3分とすると。

ちなみにガスを使わない場合、水が温まるのを待つ時間がなくなるので、シャワー時間が30秒減ると仮定できるので、さらに水道代も30秒分で2.7円ほど安くなる。

7〜8月の間の真夏日は、10日前後くらいとなるので、 円ほどの節約になる。CO2換算でいうと、 kg(ガス kg+水道)の削減と言える。

他のメリット

メリット

かなり強引ではあるが、夏場にガスを使わずにぬるい水→水のシャワーを日常的に浴びることによって、ある種の慣れ・耐性が出来るので、以下のような場合に応用がきくようになるのではないか?と考えられる。

サウナの水風呂

近年、ブームになっているサウナ。サウナの後の水風呂は、冷たいのでサウナ初心者には、苦手な人も多かったりする。

しかし、水にシャワーを浴びることに慣れていると、水風呂への抵抗感が低減されるので、サウナを楽しみやすくなれるという効果があるのではないか?と感じることがある。

災害時

日常から水のシャワーを浴びることに慣れていれば、台風などの災害によって電気やガスが使えないようないざというときに、あまりうろたえずに水シャワーor水浴びをすることが出来る。(夏場以外は厳しいが。。。)

途上国でのシャワー

都市部は少ないと思うが、東南アジアやアフリカなどの熱帯・亜熱帯の途上国の田舎の方へ行くようなことがある場合、シャワーでお湯が出ないというようなことがあるかもしれない。

そんなときに、この経験が生きるということがあるかもしれない。

というよりも、僕の場合は途上国で水だけのシャワーを使った経験などがあるので、ガスを使わずにシャワーを使うようになったという方が正確なのだが。

まとめ

今回の内容は、節約やCO2削減の観点でみると、はっきり言ってほぼ意味がないレベルで効果は極めて低いです。

しかし、身近でなんとなく活用する余地があるものというのはたくさんあるもので、そこにちょっとした楽しさがあったりします。お金もかからないし、人に迷惑もかからないので。。。

これからもそんなちょっとした無駄でかつ、あまり人が手をつけずにちょっと引きそうなポイントを見つけて行きたいな〜と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です