猫トイレの臭い対策。コーヒーかすの使い方を検証! | ネコのいる暮らし

コーヒーかすでネコトイレ対策

猫のトイレの臭いについては対応に苦慮している人も多くいるのではないだろうか?

うちでは、トイレカバーや猫砂である程度臭い対策はしていて、そこまで気になるレベルではないのだけど、トイレをした後に片付けるときにどうしても臭いが直撃する。

そこで、猫トイレの臭い対策(特に片付ける時)にコーヒーかすの脱臭力を利用してみたので、そのことについて書いていきたい。

猫のトイレの臭い

猫トイレの臭い

猫のウンチには、犬と違って特有の臭さがある。岩手大学の研究によると、猫のフンには硫黄の化合物が含まれているらしく、それが臭いの原因とのこと。また、その硫黄の化合物は、オスのフンに多く含まれているらしい。日本経済新聞

去勢した猫の場合についてどうかはわからないが、うちの2匹(オス1匹、メス1匹)でもオスの方がトイレした後の臭いが強いのもそれと関連しているのかな?と思った。

うちの猫トイレ

トイレB

トイレにカバー

トイレA猫トイレ2

臭いや衛生面などから2つあるトイレには、それぞれカバーをしている。カバーがあることで、まず臭いが広がるのをワンクッション入れて緩和してくれる。

下記のペレットと併せて、通常時はこの2つで臭いについてはそこまで悩まされることはあまりない。

猫砂にペレット

ホワイトペレットは、トイレの猫砂に使うと木の香りのせいかあまりトイレ付近が臭わなず、特におしっこでペレットが崩れておがくずになり、そのおがくずが臭いを抑えてくれる。ウンチの場合でも、キレイに隠している場合は漏れてくる臭いがかなり抑えられるため、機能としてかなり有効。

何よりもコスパがよいので、ネコが苦手そうにしたり、嫌がるようなことがなければとてもオススメ。1回買えば2匹でも半年は余裕で持つため、猫砂のランニングコストが月ベースだと数百円レベルに抑えられる。

STクラフト ホワイトペレット 22kg

STクラフト ホワイトペレット 22kg

コーヒーかすの脱臭効果

コーヒーかす

コーヒーかすは、焙煎されていることで中に空洞がたくさんある多孔質の構造になっている。そのため、その空洞に臭いを吸着することができ、またコーヒー自体の香りが強い香りなので、臭いを打ち消すことが出来るため、臭い対策でコーヒーかすは非常に有用だ。

コーヒを淹れる 抜群の消臭力。コーヒーかすで消臭剤はいらなくなる。| コーヒーかすの活用法

注意:猫にコーヒーは有害

ネコにコーヒーはダメ

コーヒーに含まれるカフェインは、猫が摂取すると中毒症状を起こすので猫の口には入れないように注意が必要。

体重1kgあたり100~200mg(コーヒー1,2杯分)が致死量と言われているので、コーヒー豆や茶葉などカフェイン含有率が高い状態での多量摂取がなければ、日常の中で致死量まで摂取することはあまりないと思うが、少量でも症状を起こす場合はあることは念頭に置いておくべきだろう。

コーヒーかすの使い方

据え置きでの対策

ティーバッグに入れたコーヒーかす

一つは、コーヒーカスの一般的な使い方と同様に、ティーバッグなどにコーヒーをかすを詰めて、脱臭剤としてしようするというやり方。

間違って、猫が口にしたりしないように消臭ポットにようなプラスチック容器に入れて、猫トイレのカバー内に置いておくことで、カバー内の臭いを吸着してくれる。

うちの2匹は、特にコーヒーの臭いに対する忌避がないのでコーヒーかすを使っているが、コーヒーの臭いが苦手な猫の場合は乾燥させた茶殻などでも代用できる。

猫がトイレしたときの脱臭

コーヒーの香りの壁

猫がトイレをした後に片付ける時。。。このときは、猫砂の中からウンチを取り出して袋に入れるという作業のため、さすがに臭いが直撃してくる。

あまり、鼻で息をしないようにして片付けていたのだが、もう少しどうにかならないものかということで、コーヒーかすが仕えないか試してみることにした。

トイレを片付けるまえに、臭いがしてくるトイレ付近でジップロックなどに入れたコーヒーかすを振ってみた。振ることで脱臭というよりは、コーヒーの香りが出てきて、それが臭いを中和・打ち消してくれるのではないかというのが狙い。実際、コーヒーの香りによって、空気中の臭いはそこまで気にならないレベルになった。

さすがに、猫砂からウンチを取り出すときは臭いがするが、あらかじめコーヒーの香りを出しておくことで、直撃する臭いが緩和される感覚があり、トイレの片付けに対する苦手意識が薄らいので、今は猫トイレの片付けをするときはジップロックに入れたコーヒーかすが必須アイテムになっている。

片付けた後は

ウンチを片付けたあとにペットシーツも買えるときは、先にウンチを入れた袋にコーヒーかすを被せておいて袋からの臭いを防いでから、ペットシーツを入れて、袋を閉じるようにしている。

袋は、外に臭いが出ないタイプの物を使っているので、一度袋を閉じてしまえば臭いがしなくなるのでOK。この袋は、本当にスグレモノで使えば、すぐに効果を実感できるので、超絶オススメ。

驚異の防臭袋 BOS (ボス) うんちが臭わない袋 ペット用 うんち 処理袋【袋カラー:ブルー】 (SSサイズ 100枚入)

驚異の防臭袋 BOS (ボス) うんちが臭わない袋 ペット用

基本、猫関連のものはコスパ重視でランニングコストを抑えるようにしているが、トイレ用の袋に関しては高くても機能が高いものを使っている。

関連記事

ネコのトイレ事情 ネコの多頭飼いでのトイレ事情を観察 | ネコのいる暮らし 猫トイレにAmazonのダンボールで防音対策 | ネコのいる暮らし コーヒを淹れる 抜群の消臭力。コーヒーかすで消臭剤はいらなくなる。| コーヒーかすの活用法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です