自然薯をプランターで育ててみると。| 暑さ対策のグリーンカーテン

今回は、自然薯をプランターで育てるというテーマ。

というのも、夏の暑さ対策にグリーンカーテンを何で作るかを考えていた。

そこで、なぜ自然薯なのかというと、つる性の植物をいろいろと調べていたときに、自然薯が載っていて、家でプランターで自然薯を育てるという響きに惹かれて、ノリで自然薯を育ててみることにした。

自然薯とは?

種類

ヤマノイモ

ヤマノイモ科ヤマノイモ属

学名:Dioscorea japonica

和名:ヤマノイモ

そもそも、自然薯とはなんなの?普通の山芋となにが違うのか?

山芋は芋の種類の総称のことで、自然薯は、々日本に自生していた日本原産のヤマノイモのつる性の多年草(複数年にわたって生存する植物)だ。

ちなみに、スーパーなどで売られているナガイモは、自然薯とは別の種の芋。

他には、熱帯地域などで主食になっているヤム芋は、同じヤマノイモ科の別種。

栽培方法

自然薯は、土に深さがないと栽培できない出来ないイメージがあるが、横に伸びるように誘導出来れば、栽培することが出来る。

以塩化ビニールパイプを使って横向きに自然薯を栽培している自然薯農家さんをTVで見たことがあったので、DIYでお金をかけずにパイプ状の物をつくることにした。

 

ペットボトルでパイプ

僕は極力、金と化石エネルギーを使わないスタンスなので、塩化ビニールパイプを買わずに、無料で手に入る物代用することにした。

塩ビの代替には、形状が似ていて加工も簡単なペットボトルでパイプをつくることにした。

種芋は、[タキイ種苗のオンラインショップ](https://shop.takii.co.jp/shop/)で購入した。

amazonでも買うことができる。

<div class=”kaerebalink-box” style=”text-align:left;padding-bottom:20px;font-size:small;zoom: 1;overflow: hidden;”><div class=”kaerebalink-image” style=”float:left;margin:0 15px 10px 0;”><a href=”https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00IOEG3A0/takaofficial-22/” target=”_blank” ><img src=”https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/313O4y0s6DL._SL160_.jpg” style=”border: none;” /></a></div><div class=”kaerebalink-info” style=”line-height:120%;zoom: 1;overflow: hidden;”><div class=”kaerebalink-name” style=”margin-bottom:10px;line-height:120%”><a href=”https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00IOEG3A0/takaofficial-22/” target=”_blank” >自然薯(じねんじょ) ウィルスフリー自然薯 種芋 1本</a><div class=”kaerebalink-powered-date” style=”font-size:8pt;margin-top:5px;font-family:verdana;line-height:120%”>posted with <a href=”https://kaereba.com” rel=”nofollow” target=”_blank”>カエレバ</a></div></div><div class=”kaerebalink-detail” style=”margin-bottom:5px;”> 農業屋 </div><div class=”kaerebalink-link1″ style=”margin-top:10px;”></div></div><div class=”booklink-footer” style=”clear: left”></div></div>

作り方

  • STEP.1
    長さを測る

    植えるプランター(横に長いものを推奨)を決め、長さを計る。その長さにあわせて、使うペットボトルを決める。

  • STEP.2
    ペットボトルをカットする

    ペットボトルの底部分と縦方向に半分をカットする。縦方向にカットしないでも良いが、植えるときに土が入れにくいので、ハーフカットくらいを推奨。

  • STEP.3
    穴を開ける
    水はけをよくするために、水が抜けるように錐やドライバーなどで穴をあける。
  • STEP.4
    パイプをセット

    プランターに対角線になるように斜めに土をひき、その上に3,のペットボトルを並べる。

  • STEP.5
    種芋を植える

    パイプの高い位置の上に種芋を植え、その上に土をかぶせていく。

 

自分で作るのはめんどくさいという人は、栽培用のパイプが市販されている。

<div class=”kaerebalink-box” style=”text-align:left;padding-bottom:20px;font-size:small;zoom: 1;overflow: hidden;”><div class=”kaerebalink-image” style=”float:left;margin:0 15px 10px 0;”><a href=”https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B001GH6X6G/takaofficial-22/” target=”_blank” ><img src=”https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/21gAsbPPHuL._SL160_.jpg” style=”border: none;” /></a></div><div class=”kaerebalink-info” style=”line-height:120%;zoom: 1;overflow: hidden;”><div class=”kaerebalink-name” style=”margin-bottom:10px;line-height:120%”><a href=”https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B001GH6X6G/takaofficial-22/” target=”_blank” >自然薯の栽培器! クレバーパイプ自然薯用 長さ:135cm</a><div class=”kaerebalink-powered-date” style=”font-size:8pt;margin-top:5px;font-family:verdana;line-height:120%”>posted with <a href=”https://kaereba.com” rel=”nofollow” target=”_blank”>カエレバ</a></div></div><div class=”kaerebalink-detail” style=”margin-bottom:5px;”> 農業屋 </div><div class=”kaerebalink-link1″ style=”margin-top:10px;”></div></div><div class=”booklink-footer” style=”clear: left”></div></div>

 

自然薯のメリット

生長が早い

 

芽を出すまでが時間がかかったが、一度芽を出してからの生長が非常に早く3週間ほどで2階に達するほどにツルが伸びた。梅雨明けした7月頭頃には2階のベランダに立った時の僕の身長を越えて屋根にもうすぐ届きそうな勢いだった。

種芋自体が良かったことと5月の気温が高かったのが、影響していたのも考えられるが、横に植えているキュウリよりも遥かに生長が早かった。

葉っぱもびっしりとつけるので、グリーンカーテンにとても向いている。朝顔の強化版のようなイメージ。

ムカゴが食べられる

仮に、自家栽培を続ける場合だと、1年目がムカゴからの種芋作り、2年目が種芋から自然薯栽培と2年スパンになってしまうが、グリーンカーテンにできる部分を考慮するとそこは許容できる。

自然薯は、地下茎の芋の部分を食べるが地上部につける実の部分のムカゴも食べることができる。
秋にムカゴ、11月以降には芋の収穫と2度おいしい。

 

自然薯が取れる

写真は、2018年の秋に収穫したもの。

一応収穫はできたが、ペットボトルの連結部に引っかかったのか、キレイな形の自然薯にはならなかった。

引っかからないようにするために、パイプの作り方を改善する必要があるが、普通に自然薯としておいしく食べられたので、1年目としてはまあ及第点。

次はもっとキレイな自然薯を作りたい。

自然薯のデメリット

種芋の値段が高い

自然薯なので、他のグリーンカーテンの植物のゴーヤやアサガオと比べて、単価が高い。

<div class=”kaerebalink-box” style=”text-align:left;padding-bottom:20px;font-size:small;zoom: 1;overflow: hidden;”><div class=”kaerebalink-image” style=”float:left;margin:0 15px 10px 0;”><a href=”https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00IOEG3A0/takaofficial-22/” target=”_blank” ><img src=”https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/313O4y0s6DL._SL160_.jpg” style=”border: none;” /></a></div><div class=”kaerebalink-info” style=”line-height:120%;zoom: 1;overflow: hidden;”><div class=”kaerebalink-name” style=”margin-bottom:10px;line-height:120%”><a href=”https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00IOEG3A0/takaofficial-22/” target=”_blank” >自然薯(じねんじょ) ウィルスフリー自然薯 種芋 1本</a><div class=”kaerebalink-powered-date” style=”font-size:8pt;margin-top:5px;font-family:verdana;line-height:120%”>posted with <a href=”https://kaereba.com” rel=”nofollow” target=”_blank”>カエレバ</a></div></div><div class=”kaerebalink-detail” style=”margin-bottom:5px;”> 農業屋 </div><div class=”kaerebalink-link1″ style=”margin-top:10px;”></div></div><div class=”booklink-footer” style=”clear: left”></div></div>

種芋の自給に2年かかる

自然薯は、完全に自分で自給するためにムカゴから栽培して収穫しようとすると2年掛かってしまう。そのため、ムカゴの収穫に1年+2年の計3年掛かってしまう。

1年目はムカゴから種芋を作り、その種芋を使って2年目に芋を収穫できる。

そのため、種芋を植えて収穫した翌年も芋を収穫したい場合は、収穫した芋の一部を食べずに種芋として保存しておくと良い。翌年は、その種芋を使えば良い。

栽培する数をもっと増やしたい場合は、芋を食べる分を種芋に回すか、ムカゴから栽培する。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です