のんびりしながら、サスティナブルな暮らしに興味のある人にオススメする本たち

これらは僕の趣味嗜好であり、志向するライフスタイルに通じる部分がある要素であり、このブログでも一部紹介してはいるが、僕は都会でのサスティナビリティを意識した生活を実践しつつ、本や雑誌、テレビやWEBなどで情報をインプットするようにもしている。

これらのどれかに共感するところがある人には、今まで見た中で良かった本をいくつかアカデミックな物からマンガまで少し幅を持って紹介しようと思う。

仮に、そこに書いてある知識をそのまま使えなくても、そこからイメージが広がって新しいアイデアが生まれるので、インプットすることはとても重要だ。
知識をインプットすることについては、こちらの書評の本がオススメなので、興味があればぜひ。

【書評】センスは知識からはじまる:水野 学 – SustainaFree

さて、今回は本や雑誌の中で、ライフハックの観点は当然あるのだが、それプラス読んでて面白いものにフォーカスしてみた。ジャンルの中ではけっこうメジャーなものもあるので釈迦に説法かも知れないが、ここで何か発見があればとてもうれしい。

都会からはじまる新しい生き方のデザイン byソーヤー海

共生革命家を名乗るソーヤー海がパーマカルチャーの観点でコンポストやオフグリッドの太陽光発電、農園、マインドフルネスなど様々な事例を紹介している一冊。環境に配慮した生活をしたいが、どうすれば良いか悩んでいる人はぜひ。

最初、作者の肩書きからして、なんかやばいヤツなんじゃないか?と思ってしまうが、専門知識がなくても、事例や写真から分かりやすく説明してくれる上、情報の幅も広いので、専門知識がある人にもおすすめ。

なお、割りとノリがLove&Peaceな感じで、僕はあまり好きななノリではないが、読んでいて面白いし、発見感もある。僕の周りで興味のありそうな何人かにこの本を貸したが、とても評判が良く、現在借りパクされている状態だ。

僕はお金を使わずに生きることにした byマーク・ボイル

お金を使わずに1年間生活したイギリス人の生活を描いた1冊。

農場の中にコンテナハウスを作り、食糧を自然から調達したり、自分で生産しながら、都市の一見ゴミにされてしまうようなものも活用している。

タイトル的には、変な人が衝動的に始めたような感じもするが、根っこはお金というものが社会に及ぼしている影響に問題意識を持っていて、しっかりした哲学に根ざしている。

ここまでの徹底した生活をするのはちょっと・・・だが、考え方やお金を使わないですむ具体的なテクニックなどを知ることができるので読んでいてタメになるし、面白い。

週末は田舎くらし-ゼロからはじめた「二居住生活」 by馬場未織

千葉の南房総に家を購入し、平日は東京、週末は南房総で田舎暮らしをしているいわゆるデュアルライフにフォーカスした一冊。

田舎暮らしについても書かれているが、そこに至った経緯や地域の人との関わり方などにも触れており、良くも悪くもただ田舎暮らし最高!というテイストの一冊ではない。

ただ、田舎暮らしをしている人のリアルな視点で描かれている分、よりポジティブな部分に説得力があるので、結果より田舎暮らしって良いな〜と思えるし、都会から離れるのではなく行き来しちゃえば良いんだ〜と思わせてくれる一冊。

ただ、僕には家を2件も持つ財力はない。

以前書いた、この本の書評はこちら↓
【書評】週末は田舎暮らし-ゼロからはじめた「二地域居住」奮闘記:馬場 未織 – SustainaFree

神山プロジェクト by 篠原 匡

徳島県で人口6,100人ほどだが「奇跡の町」と言われ、アーティストやクリエイターなどのクリエイティブな人材の移住が加速している神山町を舞台にした1冊。

なぜ、神山町に惹かれるのか?それを神山町に携わる人にフォーカスすることで紐解いている1冊。

本の内容が全てではないと思うが、神山町に対する興味を喚起される一冊だ。
田舎に移住したいと思っている人や地域振興を考えている人にぜひ読んでもらいたい。

以前書いた、この本の書評はこちら↓
【書評】クリエイターや起業家が集う町 ”神山プロジェクト:篠原 匡” – SustainaFree

江戸に学ぶエコ生活術 byアズビー・ブラウン

江戸時代の暮らしや都市の仕組みは、究極のエコシステムだったと言われることがあるが、その内容を網羅的に分かりやすく解説している本はありそうでなかなか無い。

そう感じた外国人の著者が、江戸時代の庶民のエコな生活を絵も交えて分かりやすく解説してくれているのとてもありがたい本。特に江戸時代の農村での暮らしが、いかに物や資源を無駄なくかつようしていたかが分かり、非常に興味深かった。

江戸時代の人の暮らしやサスティナブルに興味のある人はぜひおすすめしたい。

発酵文化人類学-微生物から見た社会のカタチ- by小倉 ヒラク

ただの発酵の本だったら気にしなかったかもしれないが、微生物から見た社会のカタチという副題が気になって買ってしまった一冊。

発酵文化人類学者んを名乗る著者が、人類の歴史=発酵の歴史と言っても過言ではないと豪語し、発酵の楽しさを伝えてくれる一冊。

発酵に関する広く体系的な知識というよりは、著者の主観での発酵の話が展開されていくのだが、中国と日本の菌の違いによる発酵文化や発酵食の味覚特性が異なる話がとくに面白かった。

発酵食品が苦手な人でも、読んでいておもしろいと思う。

もやしもん by 石川 雅之

菌が見える主人公 沢木惣右衛門直保と菌たちを中心に、「農大で菌とウイルスとすこしばかりの人間が右往左往する物語」。

文字通り、農大で菌を中心に発酵(日本酒の話が多い)や農の話題が出つつ、主人公の周りの人達がわちゃわちゃしているのが、楽しい作品。作中では菌がしゃべるのだが、見た目が可愛いのに、口が悪いのがいい感じ。

個人的なオススメは、農大での沢木の先輩の美里と川浜。この二人がかなり良い味を出していて、かなり笑える。(アニメ版だとよりおもしろい)
美里のモデルは笑い飯の西田で、実写版では本人が美里役を演じている。

ちなみに、「君の名は」の中で口噛み酒が登場するが、実はその10年以上も前にもやしもんで口噛み酒は登場している。

シティー・ファーマー by ジェ二ファー・コックラル=キング

農業=田舎というイメージが、ありがちだが都市で実践されている都市農業をいくつかの都市を事例に紹介している一冊。

食糧問題や農業問題などを起点にしているので、ある程度の知識や高い問題意識を持っている人かサンフランシスコやトロント、キューバなどの本書で出てくる都市に興味がある人にはおすすめ。

また、ただ都市で農業が実施されているということだけではなく、そこから地域でのコミュニケーションが形成されているという点に踏み込んで書かれているのが興味深い。

200万都市が有機野菜で自給できるわけ by吉田太郎

先述のシティーファーマーのような内容に興味があって、特にサスティナビリティに興味がある人におすすめの一冊。

キューバは、ソ連が崩壊した際に石油を始めとした様々な物資の輸入がストップし、深刻な食糧危機に直面した。その時に、国家レベルで技術の開発や市民への指導・啓発などが組織的に実施し、市民の農業への参加を奨励し、現代社会の都市では異質ともいえる都市農業が確立された。

そんなキューバの都市農業の仕組みが詳しくレポートされていて、都市農業という側面からチェ・ゲバラやフィデル・カストロの思想の断片が垣間見れるのは興味深い。(別に、僕は社会主義者ではないが。)

岡山在住の猟師である作者が、狩猟での日常を描いたエッセイ漫画。

シカやイノシシだけでなく、キジやカラスなどの鳥類の狩猟から、解体や調理して食すまでの生活や、猟師仲間との関係など、まさに山賊ダイアリーのタイトルどおり、猟師の日記ともいえる作品。

特に、派手さはないが、猟師がどのような生活をしているのかを分かりやすく伝えてくれる。狩猟の醍醐味や実際に食べた後の獲物の味だけでなく、猟師の実態や大変さ、危険さなども伝わってくるが、読んでいるとなんだか狩猟をやりたくなってくる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です