油汚れが落ちる!パスタやうどんのゆで汁(茹で汁)の活用法・再利用法

こんにちは〜

今回のテーマは、パスタやうどんを茹でたときに出るゆで(茹で汁)の活用法です。

パスタやうどんなど麺類を食べるときに、必ず出てくる茹で汁。そのまま、捨ててしまいがちですが、そのまま捨ててしまうのもったいないです。

食べ終わった食器などにゆで汁をかけることで、汚れが落しやすくなります。

茹で汁を洗い物に使うことで捨ててしまいがちな物を有効活用出来ますし、洗剤を使う量を減らすことにもなるので、環境負荷も減らすことにもつながります。

茹で汁(ゆで汁)は、水にも油にもくっつきやすい性質がある

ゆで汁には、サポニンという水とも油ともくっつきやすい成分が入っています。

普通だと水と油は分離するため、油汚れのついている食器を水で流してもなかなか汚れが取れません。

しかし、ゆで汁を使うことで、ゆで汁が水と油どちらにもくっつくことで、食器からの油汚れが取れるというメカニズムです(原理は洗剤と同じ)。

ちなみに、お米のとぎ汁でも同じ様な効果が得られます。
(うちは、無洗米のため、あまり使う機会はありませんが。。。)

植物性油の汚れであれば落ちやすい

野菜が多いメニューの植物性油の汚れだとゆで汁で充分に汚れを落とすことができます。

ただ、汚れが落ちにくい動物性油の汚れの場合、パワー不足は否めません。通常は、洗剤を使うところですが、うちでは使い終わった麦茶パックを活用します。(残りの麦茶パックの使い道〜洗い物に使いましょ〜)

一度、パスタをゆでた時などに試してみてはいかがでしょう〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です