【環境用語を分かりやすく解説】IPCCとは?

 

今回のテーマは、IPCCとは?

よく温暖化関係のニュースで出てくるのがIPCCという組織。言葉はよく聞きますが、それがどういう組織かという部分に触れられることは少なく、専門家の解説も小難しくて分かりにくいです。

ということで、IPCCについて温暖化問題をかじった端くれとして、出来るだけ分かりやすく解説したいと思います。

IPCCとは?

IPCCとは、簡単にいうと世界中の気候変動の専門家や研究者で構成されている国連の組織です。よく日本語で「国連の気候変動に関する政府間パネル」と訳されますね。

要は世界中の研究者の研究やデータから気候変動を評価する報告書を作って、気候変動自体や関係する政策の判断の科学的な根拠を提供している組織のことを指します。

IPCCは、1988年に世界気象機関(WMO)と国連環境計画(UNEP)という組織によって設立されました。(設立の背景はまた、別のエントリーで書きたいと思います。)

報告書を書く3つの作業部会と国ごとの温室効果ガスの算定する手法を開発しているインベントリータスクフォースから構成されています。

報告書は、第4次報告書(AR4)まで出ていて(2014年9月現在)、だいたい5~6年スパンで発表されていて、現在、第5次報告書(AR5)が作成されているところです。

報告書の和訳版が公表(14年11月予定)されたら、このブログでもその内容について取り上げたいと思います。

次からは、3つの作業部会の扱っている内容を見て行きたいと思います。

第1作業部会(WG1)・・・気候変動の科学的根拠

WG1は、気候変動の科学的知見や根拠をまとめています。気温や海面上昇の推移や将来の気温予測などは、WG1の報告内容からの出典が主です。

例えば、最新の報告では、温暖化の原因が人間活動である可能性が極めて高い(95%以上)、大気中の温室効果ガス(CO2、メタン、一酸化窒素)が過去80万年で類を見ない水準に増加していると記述しています。

これは、産業革命以降の急激な発展によって、主にエネルギー消費と森林伐採などが原因でCO2(二酸化炭素)などの排出が急激に増加したことを指しています。

第2作業部会(WG2)・・・気候変動の影響・脆弱性・適応策

WG2は、気候が変動することで起こる影響、気候変動に対する社会の弱さ(脆弱性)や気候変動に対しての社会の適応策をまとめています。

例えば、気温上昇によって降水量や突発的な豪雨が増加し(影響)、それによって地下鉄などのインフラが頻繁にストップする(脆弱性)という状況に対して、排水のインフラを整備する(適用)のに多額のコストが必要になるというようなイメージです。

第3作業部会(WG3)・・・気候変動の緩和策

WG3は、気候変動の緩和についてをまとめています。

ここでの緩和とは、WG2が発生した気候変動への適応というafter的なアプローチなのに対して、WG3は起こりうる気候変動を抑える・緩和するというbefore的なアプローチのことを指します。

IPCCの報告書の内容は信用できるのか?

結論から言えば、全体的な傾向(世の中が温暖化傾向に進んでいる)などの大枠部分は信用に足ると言うのが、個人的な見解です。

しかし、細かい部分では疑問だったりあやしい部分も多いと思います。

細かい部分では、現在の科学の知見では不確実な部分が多い

よく温暖化やIPCCの内容に批判的な評論家が、指摘するのが現在の科学では証明できない不確実な要素についてです。

例えば、水蒸気量の変化が温暖化に与える影響など、まだまだ不確実な部分が多くあるのは事実です。

しかし、そういう要素が必ずしも温暖化じゃない方に作用するわけではないことや温暖化していないことを肯定するような明確な論理を展開しているわけではないので、大筋ではIPCCの報告書の内容は正しいと私は考えています。

まとめると

IPCCの報告書は、今の世の中の温暖化に関する報告書などでは最も信頼性が高いものであるということは言えると思います。

ただ、情報を鵜呑みにするのではなく、地球環境がそういう状況だということを大枠で理解して、自分が何をするかということを考えることが大切なのかなと私は思います。

温暖化の情報は難しいし、胡散臭い物も多いので、少しでもそこをクリアにして健全な社会へベクトルが向くように、これからも温暖化関係の情報を取り扱っていこうと思います。

1 Comment

Сialis

I’m impressed, I have to admit. Rarely do I encounter a blog that’s both educative and
engaging, and without a doubt, you’ve hit the nail on the head.

The problem is something that too few men and women are speaking intelligently
about. Now i’m very happy I came across this during my hunt for
something relating to this.

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です